製品ラベルのバーコードを読み取るバーコードリーダー

バーコードを読み取る機械の事をバーコードリーダーと言いますが、バーコードは色々な太さの棒状になっている絵柄であり、棒の太さなどに応じて情報がそこに掲載されているものです。

バーコードを見ただけでは、どのような事が記載されているのかを知る事は出来ませんが、バーコードリーダーを使ってバーコードを読み取ることで記載されている内容を知ることが出来るのです。

口コミで評判のNAVERまとめの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

製品に貼られているラベルに記載されているバーコードと、伝票についているバーコードをバーコードリーダーを利用して読み込む事で、一対一の商号が可能になるのです。

最初に、製品に貼られているラベルに記載されているバーコードを読み取ってから、続けて伝票に付いているバーコードを読み込むことで、2つの整合性を確認することが出来るのです。



二つを読み込んだ時に、エラーが表示されれば、伝票に記載されている製品とは異なるものがそこに有ると言う事が解るのです。

製品には一つ一つに数字やアルファベットの文字列で作られた品番や型番が付いていますが、伝票に記載されている品番や型番を確認する場合などでは、目視で行う事でミスが発生してしまう事も有ります。
例えば、「01001」と言う品番と「001001」と言う2つの品番はパッと見た感じではどちらも同じように見えてしまう事もありますので、異なるものが入荷されたり、出荷してしまう可能性も有ります。

しかし、バーコードリーダーを使う事で二つが同じであるかどうかを照合できると言ったメリットがあるのです。

バーコードリーダーの製品情報が満載です。